fryyuk’s blog

日々感じたこと・考えたことをアップします。食生活、健康、ライフスタイル、転職、生き方、感じ方、などなど

だいぶ遠くまで来てしまった(ような気がする)

暇だったので、故郷新潟のライブカメラを眺めていた。

にいがたふるさと情報局

万代橋や、小針浜、マリンピアの近くなど、高校生まで過ごした懐かしい新潟が写っていた。

すごく広い空はどんよりと曇っていて、雪が所々残っていて。

そうそうこれが新潟の冬だよね、と思った。

新潟に住んでいた時は、寒くて寒くて、冬は毎年「越す」ものだった。

外から帰った時の家のあたたかさ、外でも風が無いところへ行った時の寒さをしのげる感覚。

バスに乗ると車内のかべがひんやり冷たかったこと。

夜はとても寒かったはずなのに、平気で夜遊びしていたこと。

ブーツの時期が終わると、すぐにサンダルを売っていたし履いていたこと。

 

今は東京で暮らしていて、冬は「越す」ほどでもない。「過ごす」くらい。

ダウンを着れば、ほとんど寒さのストレスなしで暮らせる。

 

新潟で生まれ、小学校は神奈川で過ごし、中学/高校は新潟で過ごした。

大学は再び神奈川で過ごし、その後新潟には戻っていない。

 

新潟で過ごした冬は、とても辛く抗えないものと思っていたが、

大人になって自由になったら、その寒さは我慢しなくても良いのだなと思った。

環境は自分で選択できる。

食べるもの、行く所、住む所は自分で選択できる。

 

自分が何を望んでいるのか、自覚することが大切だと思った。

私は今転職活動中だから、なおのことそうだ。

 

ヨガ・サーフィン・英語・デザインをライフワークにしたいと思ったが、

オーガニック関連のコスメや食品も興味があるし、

ビジネスを経営することにも昔から興味がある。

でも大手の企業でしかできないこともあるし、今自分が求めているものは一体何なのか。

時間がかかってもいいから問い続けようと思う。