fryyuk’s blog

日々感じたこと・考えたことをアップします。食生活、健康、ライフスタイル、転職、生き方、感じ方、などなど

積み重ねてきた積み木をくずすのは勿体ないと考えるか、澱んだ水は定期的に換えるべしと考えるか

もうすぐ6年になる会社を辞めるかどうか。

 

これまでに蓄積してきた、経験、人間関係、社内だからこそ役立つスキル、、、

それを失うのは大きい、という人がいる。

このままここにいれば、おそらく大きな怪我は無く過ごしていけるだろう。

 

そして環境を変えれば、特に初期段階ではトラブル無しで過ごすことは稀だろう。

 

今、とても調子がいい。

自分のリズムを作れているし、仕事だけじゃない自分の人生があると思える。

 

そのリズムを、次の会社でくずされることになったら嫌だなあ。とは思う。

 

でも、今の会社にいても、このリズムがくずされないとも限らないし。。どうなんでしょうね。

 

これまで多くの人を見送ってきて、とうとう自分の番なのか?とも思うし。なんだこれ。

 

これまでの経験上、守りに入るのは良くないかもしれない。

この程度で満足しよう、こうして少し我慢しながら現状を受け入れていくのが普通の人生だ、とか思って結婚して、結局無理だったじゃないか。

どうせ、今、独りなんだし。

スウェーデンに移住するという目標はあるものの、転職したからといって道が閉ざされるわけではない。(むしろ開ける可能性もある)

 

自分の人生が仕事によって壊されたくない。

むしろ、仕事によって人生を充実させたいと切に願う。

 

積み重ねてきたものは、積み木なのか。ただの澱みなのか。

積み重ねてきたものは、積み木だけど、そろそろ別の積み木もやってみるのもいいかもしれない。

 

答えは、まだ出ない。