fryyuk’s blog

日々感じたこと・考えたことをアップします。食生活、健康、ライフスタイル、転職、生き方、感じ方、などなど

否定も肯定もしないのは何も無いってことだよね

私の今までの習慣を変えるときが来たのかも。

 

これまで私は否定されるのが怖くて、否定も肯定もしない人達を周りに集めてきたのかもしれない。

痛みは無いけど喜びも無い。

その人たちと楽しくやるためには、その外側にもっと厳しい状況がないとダメだ。

なぜなら、厳しい状況のとき、否定しない人達が最も優しく感じるから。

 

でも私は今は否定的な意見になぜそういうことを言うのか?それは攻撃なのか?

私を攻撃しないでほしい、そのネガティブなエネルギーは受け取りません、お返しします。

と言える。

自分を守れる。

 

自分の心、状況、幸せであることに責任を取れる。

 

そうすると、もう否定も肯定もしないことにつまらなさを感じてしまう。

なぜ私に興味がない?

人生を出来るだけ波風立てずに渡っていくことの何が面白い?

 

本当はもうずっと前から気づいていたのかもしれない。自分ばかりが与えていることに嫌気が差していることに。

私のことが好きで一緒にいるわけじゃなくて、自分のことが大切でいい人と思われたくて必要とされたくてそれでも自分が大事だから、それに都合の良い私を選んでいるだけ

なにか起こったときに一緒に解決しようなんて面倒なことが起こったら、一目散に逃げていく人たち

相談に乗ってくれるんじゃなくて相談を聞き流している人たち

 

私はこれからはもっと自分を理解することや自分の良さや才能を発揮していくことに最も努力しようと思う

そして自分を理解しようとしてくれる人を増やす

私も理解したいと思える人を増やす

否定も肯定も、両方あっていい

人生だから、何色もあっていい

って受け入れる努力をする

 

無色であること、何も感じないくらい鈍感であること、それを生きやすいと感じる人もいるのかもしれない

でも私は違う

カラフルでいたいし常に色を塗り替えていきたいし色々感じて大変なこともあるけどそれを自分の人生を充実させるために使ってる

 

ということで、[彼ら]にはご退場願おう。

もちろん彼らですら完全否定するつもりはなく、一番円の中心に近かったところを一番外側に置くってこと。

 

私の一番中心は、今のところ私だけ。

ここに、空きを作った。

次に入れるのは、誰かはわからないけど、とりあえず、新しい素敵なものが入ってくるためのスペースは作った。