fryyuk’s blog

日々感じたこと・考えたことをアップします。食生活、健康、ライフスタイル、転職、生き方、感じ方、などなど

コミュニケーションを見失いかけた時

色んなコミュニティがあると色んなコミュニケーションスタイルがあって、合わせなきゃと思っちゃうから疲れる。

 

男性と女性のコミュニケーション

ロジカルな人とそうじゃない人のコミュニケーション

相手視点がある人と無い人

意識高い人とそうじゃない人のコミュニケーション

海外の文化も知ってる人と日本の文化しか知らない/日本の文化が最高と思ってる(特にジェンダーダイバーシティの部分で)

 

でも私は自分の頭で考えて決めたことをしてる

 

日本では、男性は仕事優位、女性は家庭優位、手のが暗黙の了解で

逆のことしてる人もいるけどそういう人たちはひっそりやってる

声を上げることははしたないことなの??

商品やサービスについて正当な問い合わせすらもクレーマー=文句を言う面倒な人、のように思われ、でも結局言ったもん勝ちみたいなとこあるよね

 

仕事優位で仕事してればイイって男性は楽だよね

お金沢山稼いでれば好きなことしてていいし、同じ境遇で共感できる同性の友達が沢山できて、その友達関係もまた仕事に役立って。

 

一方女性である私は、所属するコミュニティによってコミュニケーションスタイルを変えなければならず、その度に話す話題も、気の使い方も変わるから疲れる。

一つ前の職場の友達と話してる時が一番しっくり。違いも認めてくれるし、海外への視野も持ってるし。

習い事は楽しいけど、話題に気を遣うのが疲れる。

 

分かりあえない、でいいんじゃないの?

私はこう、あなたはそうなんだ!へえ、違いがあって面白いね、でよくない?

ああ、気まずい空気だ、、ってなったら黙ってればよくない?

嫌なこと言われたら黙るとか、え・・・とかうわ・・・とか言えばいいよね?

マウントしてくる人は、無視!

 

無理して思ってないこと言ってみたりとか、嫌なことを言われて苦笑いしたり自虐に走ったりするのだけは、2021年は絶対辞めよう。

言ってほしそうなことがあっても、思ってなければ言わない。

沈黙を効果的に使う。

わざわざ理解や了承を得なくていい。

自分に正直に。

自分が一番満たされるように行動する。